食べ過ぎでの胃痛の対処法は?

食べ過ぎて胃痛を起こしてしまった場合、主に対処法は二種類あります。どのように分けるのかというと、胃酸の量が多いタイプと少ないタイプです。

 

胃酸過多の場合は、何らかの要因によって胃酸が多く出てしまっていることが胃痛の原因になっていますので、胃酸の分泌を抑える薬を飲むと改善されます。また、強いストレスを受けたりカフェインを飲むのも原因になります。

 

胃酸過多では胃がキリキリと痛んだり、胸やけのような症状が現れます。逆に胃酸の分泌が追いつかなくて、消化が上手く行えなくなるケースもあります。その場合の対処法は、消化・健胃薬を飲むことです。

 

胃腸の働きが鈍っていますので、食べ過ぎると消化不良を起こしますので、食べる量には注意しなければなりません。食後の胃もたれや吐き気などが主な症状です。

 

このように食べ過ぎて胃痛を起こした場合でも、タイプによって対処法が異なります。自分がどのようなタイプなのかを知ることが大切ですし、胃の辺りを温めたり軽い運動を行うのも良い方法です。

 

また、食べ過ぎた時には消化を促進させるような食べ物を摂ると回復が早まりますので、大根のような食材を常備しておくと、ついつい食べ過ぎてしまった時にすぐに対応できます。

 

 

 

毎日食べ過ぎてしまう事への対策はある?

毎日、食事などが楽しみでつい食べ過ぎてしまう場合もあります。ですが、毎日食べ過ぎの状態が続いてしまうと太ってしまい、余分な脂肪がつきやすくなります。

 

毎日、食べ過ぎてしまう場合には、ある程度食事の量を抑えることが大切です。食事の量を適量にすること、また、食事以外にも間食などをしている場合には、ある程度控えることもポイントといえます。

 

常になんとなくお菓子やそのほかにも食べ物を口にしてしまうような生活、また、食事で大量に食べてしまうなど、自分が食べたいだけ食べるという食生活をしていると、栄養の偏りなどもでてしまい、体を壊す原因になりかねません。食事の量をある程度抑えるように、自分で日々、心がけていきましょう。

 

また、食事の量以外にも体の状態を改善していくために、運動をすることも大切です。定期的に体を動かし、汗を適度にかくことで、食べた分のうちの何割かのカロリーを運動で消費していきましょう。ウォーキングやランニング、また、休日などを利用してスポーツをしてみるのもいいでしょう。

 

運動不足の解消にもなり、生活習慣病などの予防にもなるため、食事の量を調整することも重要ですが、生活習慣などの改善として、運動も取り入れていきましょう。

 

 

 

食べ過ぎた日にはどう調整する?

食べ過ぎた日の調整法を知っておくと、ダイエットには非常に有効です。

 

ダイエット期間中にもかかわらず、ついつい食べ過ぎてしまった日に、体重計を見て予想外の数字に驚いて翌日の朝食を抜いたりする人がいますが、これは逆効果で、却って代謝を悪くしたり、昼食、夕食での食べ過ぎを誘導することになります。

 

それでは、食べ過ぎた時にはどのように調整すればよいのでしょうか。大切なことは、極端に食事を抜くなどはせずに、他の食事で微調整をすることが重要です。例えば、朝食を取りすぎて体重が増えたのなら、昼食は普通にとって、夕食を少なめにするなどです。

 

単純なことですが、食べ過ぎた直後の体重というのは正確な数字ではないため、その後の食事の量を微調整するだけで簡単に体重は元に戻るのです。また、気になる場合には、夕食の30分から1時間後にウォーキングなどの軽い有酸素運動がおすすめです。

 

この時間帯には、脂肪を貯めこむ成分が増えるので、この時間帯に合わせて運動すると高い効果を得ることができます。ただし、痩せたいからと激しい運動をしてはいけません。まだ胃に食べ物が残っていますので、激しい運動は胃に負担をかけることになり、逆効果となりますので注意が必要です。

 

 

 

やめたい時の方法は何がある?

ほとんどの現代日本人は食べ過ぎだと言われていますが、それはすべて正解です。それほど食べていないつもりでも、高カロリー食を普通に口にしているのですから、体重も増えていく一方です。

 

食べ過ぎをやめたいと願う人は多いですし、そのための方法を試行錯誤する人も大勢います。過食してしまうのをやめたいと本気で考えるのでしたら、これまでの食事内容を変えていく必要があります。

 

まず安易に、医薬品には頼らないことです。医薬品も、明らかな肥満患者での病院処方であれば僅かな助けにもなりますが、そこまでの肥満ではないならば、医薬品依存を招くだけであり、効果もそれほど大きな期待は持てないものです。

 

費用はかなりかかりますし、種類によっては精神的にうつ状態をもたらす副作用も懸念されます。食べ過ぎをやめたいと願うのであれば、栄養のバランスを考えた献立で、よく食事をかんで食べるのが健康的であり、なおかつ建設的な方法です。

 

コンビニ弁当やレトルト食品、砂糖たっぷりのお菓子に菓子パンなどは、一旦食べるのはやめましょう。

 

季節の野菜や魚に大豆食品をメインに、栄養を整えて食べることで、無駄に体は食べ過ぎを要望することがなくなります。不思議と感じるでしょうが、栄養が整うと過食は治まります。

 

 

 

食べ過ぎを繰り返すと・・・

食べ過ぎを繰り返してしまうと、太ってしまう可能性があります。太ってしまったらなんとか元の状態に戻したいとか考えてしまいますよね。

 

そういう場合には、何らかの対策を練る必要があるのですが、最近では漢方を活用するという手があります。防風通聖散の生漢煎を知っていますか?もし知らないなら、こちらのサイトを見てみてください。